マレーシアは中国が提起した協力・ウィンウィン発展理念の直接受益者=MCA副総会長

2022-08-06 15:31:02  CRI

 マレーシアの連立政権のメンバーであるマレーシア華人協会(Malaysian Chinese Association, MCA)の陳徳欽副総会長はこのほど、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の取材に対し、「マレーシアは中国が掲げる協力・ウィンウィンの発展理念の直接の受益者だ」と述べました。

 陳副総会長はマレーシア各界が双方の経済貿易関係のさらなる発展のために準備を整えるよう呼びかけました。インターネットテクノロジーや製造業に代表される中国企業は技術力が高く、規模が大きいため、マレーシアが誘致に力を入れる相手であるとの見方を示しました。中国企業は技術移転などを通して、現地市場や現地の従業員育成に注目し、従業員の福利厚生なども重視していて、現地で高い評判を受けています。

 さらに、陳副総会長は「マレーシアのペナン島が中国企業のASEAN市場進出の窓口となり、双方が互いに利益を得られる発展モデルを通じて、ウィンウィンを実現できるよう支援する」と期待を寄せました。また、「より多くのマレーシア企業、特に小売業と小規模企業が中国市場に進出しようと努力し、中国の発展に伴って自身の業務の飛躍を実現することを望んでいる」と述べました。(帥、CK)

ラジオ番組