中国人民解放軍、米空母「ロナルド・レーガン」を退避に追い込む

2022-08-05 13:55:05  CRI

 中国人民解放軍は4日から7日にかけて、台湾島周辺の海空域で重要な軍事演習と実弾射撃を実施しています。国防大学の孟祥青教授によると、今回の台湾海峡における軍事演習では、空母編隊が初めて抑止的演習を行い、原子力潜水艦が参加し、海上立体式の作戦システムを構築したということです。また、台湾島東部に初めて標的を設置し、ペロシ氏の護衛に当たっていた米空母「ロナルド・レーガン」を約数百キロの所まで退避に追い込んだということです。(ミン・イヒョウ、藤井)

ラジオ番組