外交部が関係欧州諸国とEUの中国駐在使節を緊急召喚し、厳正な申し入れ

2022-08-05 14:16:40  CRI

 中国外交部の鄧励副部長は4日、命令を受けて関係欧州諸国とEUの中国駐在使節を緊急に召喚し、主要7カ国(G7)の外相およびEU外交・安全保障政策上級代表が台湾に関するネガティブな声明を発表したことについて厳正な交渉を申し入れました。

 この中で鄧副部長は、「『一つの中国』の原則は誰もが認める国際関係の基本的な準則と国際社会の普遍的な共通認識であり、中国と各国との交流の政治的基礎でもあり、絶対に越えてはならないレッドライン、ボトムラインである。ペロシ氏は台湾を訪問し中国の主権と領土保全を公然と甚だしく侵害した。欧州側は、米国が中国分裂を煽動し、台湾海峡情勢の緊張をエスカレートさせ、『台湾をもって中国をけん制する』行為を阻止・非難しなかったのみならず、その声明で『適用できる場合には一つの中国の政策を遵守する』という妄言を発した。これは『一つの中国』の原則に甚だしく反し、二国間関係の政治的基礎に重大な衝撃を与えた」と強く非難しました。(ミン・イヒョウ、坂下)

ラジオ番組