ペロシ米下院議長の「台湾訪問」に強く抗議=中国駐米大使

2022-08-03 14:13:16  CRI

 ペロシ米下院議長が2日に台湾を訪問したことを受け、中国の秦剛駐米大使は米東部時間2日午後、米国側に厳正な交渉を申し入れ、強い抗議を表明しました。

 秦大使は、「米国側は中国側の度重なる厳正な交渉と断固とした反対を顧みず、ペロシ氏が本日、台湾を訪問するよう横暴に手配した。これは台湾問題における米国の消極的な動きを大きくエスカレートさせるもので、『一つの中国』の原則と中米間の三つの共同コミュニケに重大に違反し、中米関係の政治的基礎に重大な衝撃を与え、中国の主権と領土保全を重大に侵害し、台湾海峡の平和と安定を重大に破壊し、『台湾独立』分裂勢力に重大な誤ったシグナルを送った。性質は極めて悪く、危害は極めて大きく、極めて悪い影響を及ぼしている。中国側は強く非難し、強く抗議する」と述べました。

 秦大使はさらに、「中国は米国に対して、『台湾カード』を切って『台湾問題で中国をけん制する』やり方をやめ、誤ったやり方を直ちに是正し、ペロシ氏の台湾訪問の悪影響を除去するよう厳正に促し、中国の主権と安全を侵害する危険で挑発的な行動をさらに取ってはならず、実際の行動でバイデン大統領が行った約束を実行に移すよう求めた」と強調しました。(雲、藤井)

 

ラジオ番組