中国、7月の物流業景気指数は48.6

2022-08-02 16:04:05  CRI

 中国物流購買連合会は2日、7月の中国物流業景気指数(LPI)を発表しました。7月のLPIは48.6で、前月より3.5ポイント低下しました。高温や雨季などの季節的要因および一部地域で新型コロナ流行が散発した影響を受けたものとみられます。全体的に見ると、7月の物流供給はほぼ回復しているものの、需要の回復には一定程度の圧力と不安定要素があるということです。 

 中国物流情報センターの劉宇航主任によりますと、中国各地で7月に入ってから高温と強い降雨が続いた影響が物流業全体の運行に新たな圧力をもたらしています。歴史的に見ても、例年のこの時期において長期的に存在するマイナス要因です。 

 業種別に見ると、鉄道輸送と倉庫保管業務は安定的で、業務総量指数は共に50以上を保っています。企業規模別では、大型・中型物流企業の耐圧能力は比較的強く、拡張区間にある一方で、小型・零細物流企業は比較的大きな影響を受けています。 

 専門家によりますと、下半期は各種政策の実施に伴い、物流運行は回復し、安定的に成長するとみられます。(殷、柳川) 

ラジオ番組