外交部が米側に警告「中国人民解放軍は決して傍観しない」

2022-08-01 22:35:02  CRI

 外交部の趙立堅報道官は8月1日に開かれた定例記者会見で、ペロシ米下院議長のアジア訪問に関する質問に答え、「中国は最近、ペロシ議長の訪台に対する深刻な懸念と断固反対するという厳正な立場を米国に繰り返し表明し、ペロシ議長が訪台した場合、深刻な結果を招くことになると強調した」とコメントしました。

 習近平国家主席がバイデン米大統領と電話会談した際、「中国政府と中国人民の台湾問題における立場は一貫しており、中国の国家主権と領土保全を断固として守ることは14億あまりの中国人民の確固たる意志である。民意に背くことはできず、火遊びは必ずやけどをする。米国側はすでに中国側が送った強烈で明確なメッセージを十分に理解していると信じている。ペロシ議長らが台湾を訪問するならば、中国の内政への乱暴な干渉であり、中国の主権と領土保全を著しく損ない、一つの中国の原則を恣意的に踏みにじり、台湾海峡の平和と安定を深刻に脅かし、中米関係を著しく損ない、非常に深刻な事態と結果を招くことになるだろう」と強調しました。

 これについて、趙報道官はさらに、「我々は厳戒態勢で待機していることを再度米国に警告する。中国人民解放軍は決して傍観はしない。中国は自らの主権と領土保全のために毅然たる対応と強力な対抗措置を取るだろう。米国がすべきことは、一つの中国の原則と三つの中米共同コミュニケの規定を守り、バイデン大統領の『台湾独立』を支持しないとの約束を果たし、ペロシ議長らの台湾訪問を許可しないことだ」と述べました。(TONG、坂下)

ラジオ番組