夏の歌

2022-07-23 23:23:56  CRI

 今回の中国メロディーは夏にまつわる3曲を紹介しますので、音楽とともに夏ならではの素敵なひとときをお楽しみください!

「夏の花のように生きる」

 「生如夏花(夏の花のように生きる)」は中国の名歌手・朴樹(プー・シュー)が作詞、作曲、歌唱を担当し、2003年11月にリリースされた同名アルバムの収録曲です。プー・シューはこのアルバムのために4年間の準備をしてきましたが、その過程で迷い苦しみ、命と音楽の真実や美しさを求めてきました。ついにプー・シューは自閉状態から解放され、アルバム「生如夏花(夏の花のように生きる)」を生み出し、前向きな気持ちで現実の生活に溶け込むことができました。

 2004年7月12日、アルバムのタイトル曲「生如夏花(夏の花のように生きる)」は第4回中華圏音楽メディア大賞10大中国語歌曲賞を受賞しました。

歌詞:

私は遠くから駆けつけ

ちょうど君たちもいた

私は人の世に夢中になり

彼女のために夢中になる

私はこのまぶしい瞬間

空を横切る刹那の炎だ

ここにいるよ  ここだよ

驚きのように短い

夏の花のようにきらびやかである

「真夏の果実」

 「盛夏的果実(真夏の果実)」は日本の歌手UA(ウーア)が歌う「水色」の中国語カバー曲です。中国語版はカレン・モク(莫文蔚)が歌っていて、魅力的でセクシーな歌声と、中国語の歌詞が愛について考えさせてくれます。歌は、愛の中で成長し、自立し、強くなることを学び、成熟していく女性の心の歩みを描いています。

歌詞:

諦めてはじめて

あなたに近づくことができる

あなたに会わないと

私のことを思い出してくれない

時間の積み重ね

この真夏の果実

思い出には寂しさの香りが漂っていた

あなたから離れてみて

あなたのことを考えないで

不本意ではあるけれど

「風に吹かれた夏」

 「風吹過的夏天(風に吹かれた夏)」はギンザとリン・ジュンジエがデュエットしたラブソングで、ギンザが2005年にリリースしたアルバム「空気」に収録されています。

 「風に吹かれた夏」』は、若手女性歌手ギンザが三亜のCM撮影中に経験した恋愛体験から着想を得ました。リン・ジュンジエはギンザの恋愛体験を聞いて、すぐに創作のインスピレーションが生まれ、歌のメロディーが頭に浮かんできました。彼はその夜、夜を徹してこの有名なラブソングを作りました。恋愛中のカップルがお互いを思う気持ちを歌っています。

歌詞:

あの夏を覚えているかな

そよ風が吹いた瞬間

すべてを吹き飛ばしているようだ

寂しさと思い出だけが残っている

風は今も吹いている

秋の雨が続く

心の中の情熱は変わらない

目を閉じたまま

見慣れた顔がまた目に浮かぶ

ラジオ番組