中国の宇宙事業、食料安全保障に助力

2022-06-23 12:33:01  CRI

 中国では夏に入ると、一部の農村部は夏の収穫シーズンを迎えます。今年は、北斗衛星測位システムが収穫の自動化や無人化、AI化などで大活躍し、夏の収穫の力になっています。

 北斗3号グローバルシステムが正式な運用開始から安定的な運行を続けていることは、北斗衛星測位システムの農業分野における規模化応用の拡大につながっています。現在、北斗測位システムを搭載した多機能収穫機は13万台を上回り、全国の小麦収穫は昨年同期より著しくスピードアップしています。(朱、野谷)

 

南東部にある安徽省の無人農場で自動運転の収穫機が麦畑で刈入れ作業

  

自動運転の収穫機

ラジオ番組