中国初の世界最大コンテナ船が上海で引き渡し

2022-06-23 12:51:41  CRI

 中国で初となる世界最大規模の24000TEU超大型コンテナ船が22日、中国船舶集団傘下の滬東中華造船(集団)で引き渡されました。 

中国初の24000TEU超大型コンテナ船の引き渡し式

 同船は、滬東中華が自主開発したもので、自主的知的財産権を有しています。海上の主導的な船級協会である米船級協会(ABS)の入級を果たし、極東から欧州までの海上輸送に用いられます。全長399.99メートルで、世界最大の空母より60メートル以上長く、幅は61.5メートル、デッキ面積は2万4000平方メートルで、一般的なサッカー場3.5面分に相当します。貨物倉は深さ33.2メートルで、24万トンの貨物、標準サイズのコンテナ2万4000個余りを積載できます。最大25層までのコンテナを積め、高さはビル22階に相当し、現在、世界で積載コンテナ数が最大のコンテナ船です。 

 同船の特徴の一つが、省エネ・低炭素排出です。世界最先端の水動力合理化技術を導入し、重負荷の状態でも高速度・低燃費を実現できます。伝統的な23000TEUコンテナ船に比べて、積載コンテナ数は多い一方で、二酸化炭素の排出を1日当たり38トン減らすことができます。(殷、柳川) 

ラジオ番組