中国とベトナム結ぶ貨物列車、所要時間が6時間も短縮

2022-06-15 13:07:42  CRI

 ベトナムのドンダン駅に13日午前9時55分、中国南部の広西チワン族自治区の南寧国際鉄路港を出発した貨物列車が到着しました。列車にはラミネートコート紙、プルトップ缶などが満載されており、11時間25分をかけて到着しました。所要時間は従来の貨物列車よりも6時間ほど短縮されたとのことです。

中国の南寧とベトナムのドンダンを結ぶ越境貨物列車の所要時間が6時間も短縮

 この列車は中国・ベトナム間の越境貨物列車が開設されて以来、南寧とドンダンを最短時間で結びました。この列車は、企業が出荷地において「ワンストップ」で税関通関や検査などの手続きを完了することができ、国境を通過する際にその他の通関手続きの必要がない、「鉄道エクスプレス」のモデルです。関係部門によれば、中国・ベトナム間の越境コンテナ貨物列車は2017年11月末に開設されて以来、5年近くにわたり累計834本も安定して運行されました。今年に入ってからは前年同期比26.5%増の147本が運行されました。

 中国・ベトナム間の貨物列車はすでに中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済貿易往来の「直行便」になりました。この列車は同時に、中国とASEAN諸国を結ぶ陸路の国際貨物列車であり、「中欧班列」の重要な構成部分でもあります。今年もコロナ禍が世界経済に深刻な悪影響を及ぼしていますが、中国とASEANの貿易は依然として力強く発展しています。中国とASEANの協力の発展は、まさに「高速道路」を走行しているような状況です。(藍、鈴木)

ラジオ番組