2022年6月8日放送のお便り紹介

2022-06-08 09:38:54  CRI

①   千葉県松戸市       坂本 克史

こちらは5月末なのに気温が30度近くなるなど、梅雨よりも夏を先取りしたかのような天気ですが、中国のみなさんはお元気ですか。バチェレ国連人権高等弁務官の訪中のニュースを興味深く拝聴しました。

日本では、米国のブリンケン務長官の発言や、有識者と称されるひとたちが「中国は国連の調査を妨害した」など、欧米のデマを鵜呑みにした報道をするのはいつものことですが、そもそも日本は他国の人権に口を出せるのでしょうか。戦時中の慰安婦、徴用工問題もですが、現在のウクライナ情勢を受けて、ロシア系のお店への破壊行為や殺害予告、ロシア語の掲示板を設置している企業へ「ロシア語は不快だから消してしまえ」とクレームをつけるヘイトスクラムが問題になっています。困ったことに被害にあったロシア系のお店は経営者がウクライナ出身だったと明らかになり、冗談にもなりません。不確かな情報に扇動され、感情的になるよりも、お互いの言い分を聞き、真実を見極めただしく現状を認識することを切に望んでいます。

 

②   愛知県岩倉市       杁本 直正        

星さん&劉非さんへ

今日、展示品を木曾川資料館に運びました。1回では無理ですので、残りは6月1日に運びます。まだ、5月末まで展示をしている方がおり、私は飾ることが出来ません。5月末と言えども土日祝日のみ開館ですので、実際は明日で最後だと思います。私は、6月1日、2日に飾り付けて、6月4日からスタートとなります。

新中国成立60周年クイズ特等賞の紹介、2008年、2022年北京オリンピック、上海万博の紹介、CRI開局70周年ツアーの様子、3回目の中国、中国映画の旅の出来事、李健一さん、美濃鹿野市の岩田博さん、神宮司敬さんからの手紙、放送局日本語部からの寄せ書き、38年間で集めた受信確認カード約1000枚など、「切り紙展」とは言いつつも中国の紹介となります。滋賀県甲賀市の山田さん曰く、「パスポートのいらない中国」と言われたことを思い出しました。来場された方が、少しでも中国に関心を持っていただければと思います。回を重ねるごとに展示品も増え、飾り切れなくなってきました。展示品を選ばなくてはなりませんね。頑張ります。

 

③   香川県高松市       氏部 照彦

CRI日本語部の皆さんこんにちは。 今日のハイウェイ北京も楽しく拝聴させていただきました。 

学校で「農業」「調理器具の使い方」「整理収納」なんて勉強するんですね。正直素晴らしいと思います。最近の日本ではあんまり労働やお手伝いさせないようになっているかな? 逆にヤングケアラーとか言って、 お家のお手伝いが多い人が問題になったりしています。 それはそれで問題ですが、若い時の労働や お手伝いのスキルが必ず社会に出て役に立つような世の中になる事を願っています。

 

以上のお便りを6月8日(水)ラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日の「ハイウェイ北京」からお聴き下さい。

ハイウェイ北京・水曜日 https://japanese.cri.cn/radio/wednesday

ラジオ番組