王毅外交部長、インドネシア外相と電話会談

2022-05-25 21:10:41  CRI

 王毅国務委員兼外交部長は25日、インドネシアのルトノ外相と電話会談しました。双方はバリ島で開催されるG20サミットについて意見交換を行い、サミットの成功を促進するために意思疎通と協調を強化することで合意しました。

 王外交部長は、「中国はインドネシアが開催するG20バリ・サミットを断固として支持する。激動する国際情勢に直面して、アジア諸国は地域の、ひいては世界の平和と安定的な発展のため、積極的な役割を果たすべきだ」と表しました。 

 王外交部長はさらに、「(インドネシアの)ジョコ大統領はG20について、その発足当初から、『経済フォーラムであり政治フォーラムではない』と繰り返し強調しており、中国側はこれに完全に賛同している。政治と安全保障の問題を議論する正しいプラットフォームは国連安全保障理事会であり、G20はマクロ経済政策の協調に焦点を当てるという位置づけを堅持し、その本来の使命を果たすべきである。中国はインドネシアが議長国としての役割を発揮し、妨害を排除して既定の議題目標を実現し、G20を正しい方向に導くことを断固支持する。これは、G20メンバーの大半と国際社会の共通の期待にも合致している」と強調しました。(MOKU、謙)

ラジオ番組