欧州で「サル痘」異例の感染拡大、2つの大規模パーティーと関係か=WHO専門家

2022-05-24 11:56:05  CRI

サル痘ウイルスに感染した皮膚組織の電子顕微鏡画像(2003年)

 欧州の多くの国で最近、サル痘の感染が拡大しています。米AP通信の23日付報道によりますと、世界保健機関(WHO)の感染症専門家、デイビッド・ヘイマン氏は、同メディアの取材に応じ、欧州でサル痘の感染が拡大するのは異例で、スペインとベルギーで開かれた2つの大規模パーティーが関係している可能性があるとの見方を示しました。 

 ヘイマン氏によりますと、サル痘の感染がアフリカ以外の地域で拡大したことはこれまでなく、欧州における今回の感染状況は、これまでとは明らかに異なります。アフリカ地域では、サル痘ウイルスのヒトへの主な感染経路は動物です。 

 WHOによりますと、英国、スペイン、イスラエル、フランス、スイス、米国、オーストラリアなど十数カ国でこれまでに、サル痘ウイルスへの感染事例が90例以上報告されています。(非、柳川) 

ラジオ番組