中国4月の中小企業発展指数発表 「1対1」の支援を提供

2022-05-11 13:30:51  CRI

 中国中小企業協会は9日、コロナ禍の影響により、2022年4月の中国中小企業発展指数(SMEDI)が前の月と比べて0.3ポイント低下し、88.3となったと発表しました。

 データによりますと、項目別では、不動産業の指数はやや上昇したものの、工業、卸売・小売業、社会サービス業など7業種の指数は低下しているということです。

 中国中小企業協会は、当面は減税、費用の引き下げ、雇用の安定と拡大、融資促進、物流の円滑化などを含む包括的な支援政策をしっかりと実施し、感染拡大で深刻な打撃を受けた中小・零細企業や自営業者などに対して、「1対1」の支援を展開し、市場の期待を安定させ、社会全体の発展に対する自信を高めるべきだとの見解を示しました。

ラジオ番組