2022年5月11日放送のお便り紹介

2022-05-10 20:36:23  CRI

①   東京都大田区        三輪 徳尋

有人宇宙船「神舟13号」の飛行任務が全て無事成功し、「帰還モジュール」が無事に地球に着地して、飛行士3人が良好な健康状態で家族のもとに帰還されたこと、とても喜ばしく思います。宇宙空間は、どこかの国が自由に出来るものではなく、地球に暮らす全ての人類にとって、未知の領域であり、様々な可能性を有する空間であると思います。その宇宙空間で人類が未来に向け、様々な研究するための拠点として、宇宙ステーションは不可欠なものです。数年後には軌道上に残る宇宙ステーションは中国の「天宮」だけになり、その施設は全人類にとって、かけがえのないとても重要な存在になると思います。人類が「全人類共通の家」を構築することが困難な環境である宇宙空間に、全ての人類に開かれている拠点が提供されていることの素晴らしさを理解して、人類としてどのように行動することが最適であるか、考えなければならないと思います。

 

②   京都府木津川市        関 真則          

今年で日中国交正常化50周年の節目の年となりますね。

今や中国はとても大事な貿易相手国であり、私たちの身の回りにあるものはほとんどが中国で製造されたものです。なんと、京都のタクシー会社の都(みやこ)タクシーでは、2021年2月にミニバン型のEV「M3e」を2台、2022年3月にはBYDが新たに日本へ投入した新車種「e6」を2台採用しましたとのことです。

BYDは深セン市に会社があり、バッテリー製造として会社をはじめ、今では蓄電池や半導体、電気自動車のメーカーとして業界をリードする中国民間企業に成長なのですね。中国のEV車はタクシーや企業の車などに採用され、需要がかなり大きいです。日本は電気自動車は10パーセントにも満たさないほど少なく、今後、EV車日本市場に需要はありますし、中国や韓国、国内メーカーなどEV車競争がより激しくなると思います。

 

③   東京都東久留米市      細谷 正夫

「紅白歌比べ・知恵比べ」のプレゼントをいただき、御礼を申し上げなければと思いつつ、時間だけが過ぎてしまいました。改めて、本当に有難うございました。カレンダーはパソコンの隣に置いてありますが、日本語部特製のもののようで、各月のきれいな写真も然ることながら、旧暦の日付や中国と日本の祝日も記載されているので、たいへん重宝しています。

中国も日本も、「コロナ禍」が完全に収束するまでには、なお時間を要すると思いますので、お互い、感染防止に細心の注意を払いながら、元気に過ごしたいものと願っております。

 

以上のお便りを5月11日(水)ラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日の「ハイウェイ北京」からお聴き下さい。

ハイウェイ北京・水曜日 https://japanese.cri.cn/radio/wednesday

ラジオ番組