コロナ感染の勢い弱まる 上海の自動車産業は徐々に回復

2022-05-09 15:39:16  CRI

  中国での新型コロナ感染者増加の勢いが弱まるにつれて、上海市の自動車産業は徐々に回復をみせています。

 上海市は中国の重要な自動車製造拠点であり、中国自動車工業協会のデータによりますと、昨年は中国産自動車の10%が上海市で製造されています。

中国最大の自動車メーカーの1つである上海汽車工業集団公司の工場では、従業員全体の80%にあたる4000人以上が職場に復帰しました。同社は今月末までに通常の業務を再開することを目指しています。

 しかし、上海汽車工業集団公司のような大企業であっても、自動車部品メーカーをはじめとする中小企業への依存度は高く、その影響を大きく受けます。

 上海市嘉定区安亭鎮には、国内で最も充実した自動車産業チェーンがあります。この地域の多くの自動車部品メーカーが新型コロナの影響を受けましたが、効果的な対応策によって、一定の生産レベルを維持することができています。(任春生、謙)

ラジオ番組