米国人の94% インフレを懸念=同国最新世論調査

2022-05-03 14:24:02  CRI

 現地時間5月2日、米ABC放送が行った最新の世論調査の結果で、米国人の94%が現在のインフレに懸念を抱いていることがわかりました。

 この世論調査は4月24日から28日にかけて行われまました。参加した米国人の44%がインフレに不安を感じる、50%が心配している、約6%がインフレと関係ないと答えました。

 なお、米国のバイデン大統領はこの世論調査で42%の支持率を獲得し、前回の2月に行われた世論調査で37%だった支持率を上回りました。(任春生、CK)

 

ラジオ番組