【CRI時評】中国から世界への贈り物はアルテミシニンだけではない

2022-04-27 10:46:24  CRI

 2022年はアルテミシニンが発見されて50周年に当たる。50年前、屠呦呦氏をはじめとする中国の科学者がアルテミシニンを発見して抽出に成功し、中国のマラリア撲滅に寄与した。中国はこの良薬を気前よく全世界に広めた。

 世界保健機関(WHO)は2000年以降、アルテミシニン類薬物をマラリア治療の第一選択薬としている。WHOの大まかなまとめによると、アルテミシニンは全世界でこれまでに数百万人の命を救い、毎年数億人の患者の治療に使われている。アフリカではサハラ砂漠以南の地域だけで、約2億4000万人がアルテミシニン併用療法の恩恵を受け、アフリカ人はアルテミシニンを「はるか遠い東方から来た神薬」と呼んでいる。

 中国は2021年末までに、発展途上国のために数万人の抗マラリア技術者を養成し、30カ国にマラリア予防管理センターを建設し、中国から2万8000人の医療チームを72の発展途上国に派遣している。

 アルテミシニンだけではない。多くのアフリカ人は、アフリカでエボラ出血熱が流行した際、感染地域から立ち去る国が少なくない中、中国が即座に医療チームを派遣し、必要とされる物資を届け、アフリカの国々と最後まで肩を並べて戦ったことを今でも覚えている。

 人類は現在、この100年で最も深刻な感染症の大流行に直面している。中国は再び、世界に支援の手を差し伸べ、最大規模の緊急人道行動を展開している。中国はこれまでに153カ国と15の国際機関に数千億件の感染症対策物資を提供し、120余りの国と国際機関に22億回分のワクチンを提供し、「免疫格差」を埋めて人類が感染症を克服するのを助ける重要な力となってきた。

 感染症が人類の発展の障害物になるのを許してはならない。アルテミシニンも中国製ワクチンも、中国が世界と協力して困難を克服し、肩を並べて戦うという同じ物語を書き記している。なぜなら、中国は、各国が乗っているのは190隻余りの小船ではなく運命を共にする1隻の大船であることを、深く理解しているからだ。(CRI論説員)

ラジオ番組