日本の創価大学、第42回周桜観桜会をオンライン配信

2022-04-27 18:10:17  CRI

 中国の周恩来総理をしのび、日本の創価大学は「周桜観桜会」を4月11日から18日にかけて、オンライン配信の形で開催しました。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、去年に続いてYouTubeで映像を配信しました。本サイトにおいては、その映像を特別公開します。

 1974年12月、創価大学の創立者である池田大作先生は周総理と北京市内で会見。懐かしく日本での桜の思い出を語られる周総理に、池田先生が「ぜひまた桜の咲くころに日本にいらしてください」と伝えると、「その願望はありますが、実現は無理でしょう」と病床の周総理が答えられる場面がありました。1975年11月にその思いをつなぎ、日中国交正常化後に日本で初めて受け入れた中国からの国費留学生6人と在学生が一緒に桜の苗木を植え、創立者が「周桜」と命名しました。その後、日中友好の象徴として「周桜観桜会」を毎年開催しています。

ラジオ番組