2022年4月27日放送のお便り紹介

2022-04-27 12:07:07  CRI

①   埼玉県上尾市      牧野 新

この所、陽気が暑くなったり、寒くなったりしていますが、庭には色々な花が咲いており、やはり気温が上がっているのかなぁと感じているこの頃です。

今回のハイウェイ北京では私の便りを紹介頂き、また、深圳市での状況を解説頂き、有難うございました。しかし、4 月 13 日が「喫茶店の日」とは知りませんでした。私が初めて東京に出てきた 40年前の御茶ノ水には古風な喫茶店がいくつもありましたが、今は全くなくなってしまいましたね。寂しい限りです。

今月の「A ちゃんの China now」では漢服姿、振袖姿が拝見でき、良かったです。また、楽しませて下さい。先月は「紅白歌比べ・知恵比べ」の受賞記念品、卓上カレンダーとメモ帳を頂きました。昨年のカレンダーは局の皆さんのお仕事風景の写真でしたが、今年は大変美しい風景写真、中にはスタッフの撮られた写真もあり、そのすばらしさに感心しております。いつも見える場所に置いておこうと思います。有難うございました。

日本ではだんだん人の流れも戻ってきており、人々の新型コロナ感染症への感染対策が緩んできて、残念ながらまだまだ気が抜けない状況です。日本語部スタッフの皆様も体調管理はくれぐれもご留意頂き、ご自愛下さい。

 

②   神奈川県横浜市     小野澤 栄               

私事ですが、今年1月末に義理の母が急逝し、その整理でバタバタと忙しい毎日を送っていたため、しばらくラジオから遠のいていましたが、桜の季節の到来とともに、ようやくその作業も落ち着いてきて、今回はようやく今年2度目の受信報告となりました。

今回の「中国の旅DX」は広東省の紹介でしたね。南澳島はこれまで知らなかったので、とても興味深く拝聴しました。また、深セン世界之窓(せかいのまど)というテーマパークは、日本の長崎にある「ハウステンボス」を思わせますね。こちらも1992年の開業ですから、歴史もほぼ同じくらいですが、どちらも現在は経営が大変そうですね。さらに、ハウステンボスでは、このコロナ禍の影響で、感染防止の観点から休園を余儀なくされたり、外出自粛ムードで海外からのインバウンド客がほぼゼロになったことも、経営の難しさに拍車をかけているようです。ただ、考えようによっては、コロナ過で海外渡航が自粛されるのを追い風に、国内で海外観光スポットを巡ることができるというメリットをうまく経営に結びつけられたら、復活劇が見込めるのではと、素人目には思えてしまいます。実際には調整事項や課題が立ちはだかるのでしょうが、なんとか「災い転じて福となす」となっていただきたいものだと思いました。

 

③   長崎県東彼杵郡     石橋 聖子

桜の花が咲き乱れていて、とても美しいです。また、その桜の花の色がピンク色に山を染めていてとても美しく、きれいです。

放送をいつも聞いています。水曜日の作文のコーナーはいつも興味深く聞いています。また、日曜日の歌のコーナーは、中国の歌がいろいろ紹介されているので、とても楽しいです。また、中国のニュースも聞いています。「紅白歌比べ知恵比べ」は紅組が優勝しましたね。私自身は白組がよかったです。少し残念です。また、三等賞の賞品を送ってもらって嬉しかったです。大切に使いたいと思っています。

ロシア、ウクライナの問題はこの二つの国の問題で済みそうにはありませんね。いつか戦争が終わると思いますが、どのような形でも世界中の国民の心に及ぼす曇となり、その国のありかたを大きく変えることになるかもしれません。その時、日本と中国の関係は安定しているのか?それとも不安定になっているのか分かりませんが、私たちは平和を守りたいという気持ちを大切にしながら、いろいろな国との関係を大切にしていきたいと思っています。劉非さんたちの国の人達といつまでもよい関係でいることが、日本にとっても、中国にとっても国益を守り、平和を守ることだと思っています。

 

以上のお便りを4月27日(水)ラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日の「ハイウェイ北京」からお聴き下さい。

ハイウェイ北京・水曜日 https://japanese.cri.cn/radio/wednesday

ラジオ番組