中国人民銀 金融機関の外貨預金準備率を引き下げ

2022-04-26 16:38:02  CRI

 中国の中央銀行である中国人民銀行は、金融機関の外貨資金の運用能力の向上を図るため、5月15日から、金融機関の外貨預金準備率を現行の9%から1ポイント引き下げて8%にすると発表しました。 

 中銀証券の首席グローバルエコノミストの管涛氏は、「先週から国内外の要因による総合的な影響を受けて、人民元の為替レートに調整局面が出現した。中国人民銀行はこの情勢を受けて、金融機関の外貨預金準備率を1ポイント引き下げると発表した。この措置は外貨預金準備率を先ごろ引き上げたこととは逆であり、当面の為替情勢の変動を反映したものだ。国内外の外資流動性の改善や国内の為替市場の安定した推移の促進、人民元為替レートの安定にとって積極的なシグナルになる」との見方を示しました。(閣、鈴木)

 

ラジオ番組