欧州と世界がさらなる代償を払わぬよう冷静さと自制を呼びかけ=外交部

2022-04-26 19:44:19  CRI

 報道によりますと、ロシアのラブロフ外相は、現在のロシア・ウクライナ情勢は第三次世界大戦の現実的な脅威に直面しているとの考えを示しました。

 これに対し、中国外交部の汪文斌報道官は26日北京での定例記者会見で「中国側は関係各国が冷静さと自制を保ち、情勢のエスカレートを防ぐことを望んでいる」と述べました。

 また、汪報道官は「第3次世界大戦の勃発を望んでいる者などいない。関係各国が冷静さと自制を保ち、情勢のエスカレートを防ぎ、できるだけ早く平和を実現し、欧州と世界にさらなる代償を払わせることのないよう望んでいる」と表明し、さらに「現在の情勢の下では、まずすべての関係者が対話や交渉を支持し、衝突の拡大や長期化を防ぐ必要がある。同時に、冷戦終結から30年余りで、欧州がなぜ再び地政学的な衝突の渦に陥ったのかを反省し、均衡がとれた、有効かつ持続可能な欧州安全保障構造をいかに構築し、グローバル安全保障ガバナンスシステムをいかに強化するかを考えるべきだ」と強調しました。(非、MN)

ラジオ番組