新エネ車が自動車産業の発展を支える新たな原動力に

2022-03-29 15:04:36  CRI

 近年、電気自動車など、中国の新エネルギー車のコアテクノロジーは絶えず向上し、安定した産業チェーンが形成され、自動車産業の質の高い発展を推進する新たな原動力となっています。

 2021年、中国の新エネ車生産台数と販売台数はともに350万台を突破し、7年連続で世界一となりました。バッテリー、モーター、電子制御ユニットなどの面で独自の技術を持ちながら、自動運転技術の開発が急ピッチで進められています。

 北京冬季オリンピック・パラリンピック開催期間中、500台以上の水素燃料電池車が稼働していました。中国はさまざまな支援策を打ち出し、このようなクリーンエネルギーの利用をさらに普及させる計画です。(ZHL、星)

ラジオ番組