会員登録

 新中国による日本人戦犯の思想改造は世界の奇跡

2014-08-31 16:21:11     cri    
 新華社通信は新中国による日本戦犯への思想改造をめぐり、8月31日に瀋陽からの署名記事(徐揚記者)を配信しました。その主な内容を以下のよう紹介します。


外観

 「命のある限り、日中友好のために力を尽くしていきます」

 94歳になる元戦犯の久保寺尚雄さんは中国人の友人にこう話しました。

 久保寺さんは遼寧省撫順市で思想改造を受けた982人いる日本人戦犯の1人です。1950年、これらの戦犯は撫順戦犯管理所に収容された際、彼らはまだ中国人民をたくさん殺した「鬼」でした。しかし、釈放され、中国から帰国する際には、彼らの多くは目に涙を浮かべ、戦犯管理所を自らの「再生の地」と呼んでいました。

 あれから60年余りの月日が過ぎ去りました。髪がすでに真っ白に染まった彼ら年配者は過去を振り返れば、新中国による日本人戦犯への改造は偉大なる「世界の奇跡」だと言って感嘆しています。

 それでは、60年前の撫順戦犯管理所で一体何が起きたのでしょうか。


本館

 1950年、成立直後の新中国はソ連から日本人戦犯約1000人を受け入れ、これら戦犯は撫順戦犯管理所に収容されていました。中には、偽満州国の事実上の最高指導者であった武部六臓総務庁長官や、数多くの無人区作戦を進めてきた日本軍第117師団の鈴木啓久師団長も含まれていました。

 撫順戦犯管理所跡地陳列館の張継承元館長は「管理所はこれら戦犯にとって刑務所だけでなく、"鬼"のように瞬きもせずに人を殺していた彼らを戦争に反対し、平和を愛する新しい人間に変えていく上での大学校でもあった」と話しています。

 日本人戦犯が撫順に到着したばかりの頃は、大多数の人は管理や教育を敵視し、数多くの戦犯が新中国を蔑視し、「私たちは戦争の捕虜であり、戦犯ではない」とおおっぴらに扇動する少数派さえいました。

 これらの戦争犯罪者をしっかり教育して思想を改造し、彼らに歴史の生き証人になってもらい、人間性を回復していくことは果たして可能なのか。中国共産党中央政府が目標の達成に向け、懲罰と寛容、労働による改造と思想教育、政治闘争と人道主義に基づく支援の併用により、教育と改造に立脚し、彼らに罪を認めてもらい、悪を改めて善行を行うようにし、再び人間性を回復するようにと方針を掲げました。


理髪店

 このような方針の下で、管理所の教員、看守、医療関係者、後方勤務などのスタッフは並々ならぬ努力を払い、重大な責務を全うする日々を送りました。


病室

 「もっとも肝心だったのは、戦犯に自らが起こした罪をはっきりと見極めさせ、真心を込めて反省してもらえるようにすることだった。それができてこそ古い自我を捨て、自らのことを新しい人間に改造していくことができた」と元教官の崔仁傑さんが当時を振り返りました。

 日本人戦犯の犯罪行為を摘発し、彼らに罪に伏してもらうと同時に、管理所の所員らは党中央の指示を厳格に実施し、人道主義に基づいて戦犯に接していました。彼らの人格を尊重し、罵ったり殴ったりはしないと同時に、生活面ではできる範囲で優遇していました。


戦犯に出す食事を作る所員

 中でも、中国で3年も続いた深刻な自然災害に見舞われた1960年代初頭でも、スタッフたちは粗末な食事をしていたにもかかわらず、戦犯たちに供給される食事の質を落としてはいませんでした。病気を患った戦犯には速やかに治療を行い、歯の悪い人には歯の治療をしてあげ、近視あるいは老眼の人には視力を測って眼鏡を作っていました。脳卒中で寝たきりになった武部六蔵戦犯にも医療関係者の献身的な介護の下で、4年経っても、床ずれは一つもできませんでした。


看護師の介護で餃子を食べる武部六蔵

 1956年、審判が始まる前に、中国政府は日本人戦犯を数回に分けて全国各地への見学の旅を催しました。新中国の大きな変化を見てもらっただけでなく、日本軍が中国人民衆を殺害し各種悲惨な事件を起こした地にも訪れ、生存者から日本軍の犯罪行為を訴える声を直に聞いてもらいました。戦犯たちの思想と魂はこれにより大きな触発を受け、相次いでその場で跪いて罪を懺悔していました。


1956年 社会見学の旅で武漢や上海などを訪問する戦犯たち

 1956年6~7月、瀋陽特別軍事法廷が鈴木啓久など36人の日本人戦犯を公開審議し、判決を言い渡しました。36人のうち、自らの罪を否認したり、赦免を請う戦犯は一人もおらず、それどころか、多くの戦犯が厳しくさばくよう求めました。

 偽満州国総務庁次長を務めていた古海忠之は法廷で、「私は中国で、人間として許されるべきでない大きな罪を犯した。このような私に死刑を言い渡すよう中国人民に懇願し、これをもって次世代の日本人の戒めにしてほしい」と表明しました。また、発起人���なって「抗議書」を起草した戦犯島村三郎も法廷で長い時間にわたって跪いて、死刑を言い渡すよう求めていました。

 審判の結果、起訴された日本人戦犯たちは最長20年、最短8年の刑をそれぞれ言い渡されました。これ以外の審判を経ていない中下級戦犯に対しては、その主な罪を取り調べられた後、起訴が免除され、釈放され帰国しました。これら帰国した日本人戦犯はのちに日本で、「中国帰還者連絡会」を立ち上げ、全国各地に支部を作り、「平和と日中友好に貢献する」をモットーに、侵略戦争に反対し、中日友好の促進に取り組んできました。彼らはまた『三光』、『私たちは中国でなにをしたか』などの書籍を出版し、日本軍による中国侵略の犯罪行為を暴き、日本国民に大きなショックを与えました。

 今日、思想改造の奇跡の生き証人や立会人の大部分がすでに他界しました。しかし、新中国は戦争犯罪者の魂の改造に向けて果たした努力と成果は、人類の歴史において、厳かで、暖かい記憶として忘れることのできない歴史の一ページとなっています。

 「戦犯を思想改造して彼らに罪を認めさせ、人類により良い貢献のできる人になるよう再教育することに、深い意義がある。撫順の戦犯改造は偉大なる取り組みだった」

 これは日本人戦犯の稲葉績がかつて話した言葉です。(Yan、高橋敬)暮らし・経済へ

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS