会員登録

 <ボアオ・アジア・フォーラム>理事対話、アジア経済展望2014開催

2014-04-10 09:54:36     cri    

 「アジア経済展望2014:ボアオ・アジア・フォーラム理事対話」が9日午後、海南島・ボアオで開催されました。福田康夫理事長、副理事長を務める中国の曾培炎元副首相、マレーシアのバダウィ元首相、シンガポールのゴー・チョクトン元首相らが出席し、日本や中国、東南アジアの経済情勢などをめぐって討議しました。

 福田康夫理事長は、「三本の矢」からなるアベノミクスの経済効果などを紹介し、世界の他の国々よりも早く、少子高齢化などの問題に直面する「課題先進国」から、課題を真っ先に解決する「課題解決先進国」を目指した取り組みについて、人口減少社会に対応するため、女性や外国人の労働力の発揚などの例を挙げて説明しました。また、日本にとって当面の重要な課題として、「第一に、財政健全化への改革の努力を継続すること。第二に、景気の後退をしっかりと防ぐこと。第三に、技術革新とイノベーションを進め、中長期的に新しい産業を育成すること」といった3点を挙げました。

 一方、中国の曾培炎元副首相は、中国の経済状況を紹介し、第1四半期(1〜3月)は、投資や消費、輸出の減少により、成長率は7.5%を下回ることが予想されるとしました。その上で、貧困層住宅街の改造や、西部地域のインフラ整備への投資増などにより、第2四半期と第3四半期の経済の伸び率は改善されると示しました。

 さらに、不動産価格について、今後、大中都市の上げ幅が縮小するとともに、小都市や町の上げ幅も縮小、ひいては下落傾向を見せるとし、住民の住宅消費がより理性的になるだろうと予測しました。曾培炎元首相はまた、人民元安など人々に注目される問題についても見解を述べました。(ZHL)暮らし・経���へ

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS