習主席、インドネシアのジョコ大統領と会談

2022-11-17 11:24:56  CRI

 習近平国家主席は現地時間16日夜、インドネシアのバリ島で同国のジョコ大統領と会談しました。両国の首脳は中国・インドネシアの運命共同体の共同構築について重要なコンセンサスを達成し、また、来年の両国の全面的な戦略パートナー関係確立10周年を契機に、両国関係を新たなレベルに引き上げることで合意しました。

 その中で、習主席はインドネシアが20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を成功裏に開催したことに祝意を示した後、「中国とインドネシアは発展途上大国および新興市場国の代表として、真の多国間主義を堅持し、貧困脱出や食糧安全、発展資金の調達などの分野に注目し、グローバル発展イニシアチブのハイライトプロジェクトを構築・実行し、より力強く、グリーンで健全なグローバル発展の実現に積極的に貢献し、グローバルガバナンスがより公正で合理的な方向に発展するよう推進しなければならない。中国はインドネシアが来年のASEAN議長国として、発展と協力に焦点を当て、平和、安寧、繁栄、麗しい、友好をビジョンとする地域建設を推進し、より緊密な中国・ASEAN運命共同体を構築することを支持する」と強調しました。

 これに対して、ジョコ大統領は「ジャカルタ・バンドン高速鉄道は両国の戦略的協力の象徴であり、インドネシアは中国と共に、ジャカルタ・バンドン高速鉄道の来年の予定通りの運営開始を全力で確保したい。インドネシアは双方が新型コロナワクチンの研究開発、生産などの分野で協力したことに満足と感謝の意を表し、医療衛生協力を引き続き強化したい」と語った後、さらに「インドネシアは中国と共同で地域総合経済回廊およびインドネシア北カリマンタン工業パークをしっかりと建設したい。双方が戦略的協力と実務協力を深め、両国の運命共同体を共同で築き上げることを希望する。インドネシアはASEANと中国との友好協力関係の発展を積極的に促進したい」との考えを表明しました。

 このほか、両国首脳は全面的戦略パートナーシップ強化行動計画(2022-2026)、「一帯一路」共同建設協力計画および経済貿易協力、デジタル経済などの分野での協力文書の調印に共に立ち会いました。また、双方は『中国とインドネシアの共同声明』を発表しました。(非、野谷)

ラジオ番組