中国本土映画興行週間ランキング(2022.10.3–2022.10.9)

2022-10-14 15:14:26  CRI

 国慶節7連休の後半は客足が落ち着き、トップ3は前週のまま変わりませんでした。歴史上の実話をもとにした『万里帰途(Home Coming)』が2週連続1位となり、興行成績は11億元(約224億円)超に。唯一のニューエントリーは、中国を代表するカンフースター甄子丹(ドニー・イェン)が主演とプロデューサーを務める『捜救(Come Back Home)』で、初登場10位でした。

単位:万元 

~作品紹介~

【1位】万里帰途(Home Coming)
公開日:2022年9月30日
監督:饒暁志(ラオ・シャオジー)
主演:張訳(ジャン・イー)王俊凱(ワン・ジュンカイ)殷桃(イン・タオ)成泰燊(チェン・タイイェン)

 劉徳華(アンディ・ラウ)と肖央(シャオ・ヤン)のW主演作『人潮汹湧(Endgame)』で知られる饒暁志(ラオ・シャオジー)監督の最新作『万里帰途(Home Coming)』が2週連続1位をゲット。本作は歴史上の実話をもとにしたもので、戦争が勃発したヌーミア共和国で、元外交官と外交部の新人が戦火の中、中国の同胞を連れて帰国の途につく物語です。

【2位】平凡英雄(Ordinary Hero)
公開日:2022年9月30日
監督:陳国輝(ラオ・シャオジー)
主演:李氷氷(リー・ビンビン)馮紹峰(ウィリアム・フォン)黄暁明(ホァン・シャオミン)林永健(リン・ヨンジェン)張一山(ジャン・イーシャン)

 2021年4月に新疆で事故により腕を切断された男の子を助けるために、名もなき人々が援助の手を差し伸べて奇跡を起こした実話が映画化!2019東京・中国映画週間で紹介された『烈火英雄 ~戦士達に贈る物語~』などの中国香港の陳国輝(トニー・チャン)監督がメガホンを取り、『トランスフォーマー/ロストエイジ 』(2014)や『MEG ザ・モンスター』(2018)など国際的にも活躍中の李氷氷(リー・ビンビン)、『西遊記 女人国の戦い』(2018)や『王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン』(2018)などの馮紹峰(ウィリアム・フォン)、『封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド』(2016)や『烈火英雄 ~戦士達に贈る物語~』(2019)などの黄暁明(ホァン・シャオミン)などトップ役者が勢揃いしています。

【3位】哥,你好(Give Me Five)
公開日:2022年9月9日
監督:張栾(ジャン・ルエン)
主演:馬麗(マー・リー)常遠(チャン・ユエン)魏翔(ウェイ・シャン)賈氷(ジャー・ビン)

 コメディ映画『哥,你好(Give Me Five)』がトップ3をキープ。 1980年代にタイムスリップした男性・小伍が、青年時代の両親のなれそめを邪魔してしまったことに気づき、2人の関係修正に奔走する物語を描いています。

【4位】新大頭児子和小頭爸爸5:我的外星朋友(New Happy Dad and Son 5: My Alien Friend)
公開日:2022年10月1日
監督:叶琳(イエ・リン)李蔚思(リー・ウェイスー)
主演(吹替):董浩(ドン・ハオ)鞠萍(ジュイ・ピン)

 親子の絆を描く国産アニメの名作シリーズ『新大頭児子和小頭爸爸』の1年ぶりとなる第5弾が4位にランクアップ。今作では宇宙飛行をテーマにした親子の新たな冒険を描いています。声の出演は中国声優界の重鎮、董浩(ドン・ハオ)や鞠萍(ジュイ・ピン)らが続投。

【5位】鋼鉄意志(Steel Will)
公開日:2022年9月30日
監督:寧海強(ニン・ハイチャン)
主演:劉燁(リウ・イェ)韓雪(ハン・シュエ)林永健(リン・ヨンジェン)張国強(ジャン・グオチャン)

 『山の郵便配達(原題:那人 那山 那狗)』(1998)により日本でも知られる人気俳優・劉燁(リウ・イェ)が主演を務める新作『鋼鉄意志(Steel Will)』がトップ5をキープ。新中国成立前夜、中国の東北地方の鞍山鉄鋼工場を舞台に、敵の陰謀から工場を守りきった工場スタッフたちが、ほぼ廃墟となった工場で製鉄に挑む勇姿を描いています。

【6位】新神榜:楊戬(ようせん)
公開日:2022年8月19日
監督:趙霁(ジャオ・ジー)
主演:王凱(ワン・カイ)李蘭陵(リー・ランリン)季冠霖(ジー・グエンリン)李立宏(リー・リーホン)

 「新神榜」シリーズ第2弾『新神榜:楊戬』がロングヒット中!このシリーズは中国古典小説『封神演義(ほうしんえんぎ)』の登場人物を中心としたオリジナルストーリーで、シリーズ第1弾は2021年2月26に日本公開も果たした『ナタ転生(新神榜:哪吒重生)』。本作の主人公・楊戬(ようせん)は、「二郎神」や「二郎真君」の異名を持ち、額に縦長の第3の眼を持つことで知られ、封神の戦いにおいて姜子牙の陣営で活躍しました。本作は、楊戬とその甥の沈香と共に、山に封印された沈香の母親(楊戬の妹)を救出するために奔走する物語を描いており、もう1つの古代神話伝説である『宝蓮灯(ほうれんとう)』の要素も取り入れられています。

【7位】独行月球(Moon Man)
公開日:2022年7月29日
監督:張吃魚(ジャン・チーユイ)
主演:瀋騰(シェン・タン)馬麗(マー・リー)常遠(チャン・ユエン)李誠儒(リー・チェンルー)黄才倫(ホァン・ツァイルン)辣目洋子(ラームー・ヤンズー)黄子韜(ホァン・ズータオ)

 喜劇団体「開心麻花(カイシンマーファー)」の瀋騰(シェン・タン)&馬麗(マー・リー)がW主演するSFコメディ『独行月球(Moon Man)』がロングヒットを記録中。本作は、地球を小惑星の衝突から守るための「月盾プロジェクト」が月で実施される中、ひょんなことから月からの撤退に間に合わず一人取り残された作業員の男、独孤月が「月上生活」を始める様子を描いています。

【8位】我是霸王龍(The Tyrannosaurus Rex)
公開日:2022年9月9日
監督:尚銘(シャン・ミン)思琳(スー・リン)
主演:依諾(イー・ヌオ)林浪(リン・ラン)温池禹(ウェン・チーユー)趙复港(ジャオ・フウガン)

 6500万年前の白亜紀末期、当時最強の陸上捕食者と呼ばれる恐竜「ティラノサウルス・レックス」を主人公にした国産アニメ映画が8位にランクアップ。恐竜ファンにおすすめの1本です。

【9位】新灰姑娘2(Cinderella and the Spellbinder)
公開日:2022年10月1日
監督:アリス・ブレハート

 シンデレラの物語を大胆にニューアレンジした米のアニメ映画『CINDERELLA AND THE SECRET PRINCE(中国題:新灰姑娘)』の4年ぶりとなる続編が一般公開中。本作は中国で制作されたもので、シンデレラが王子様と共に「命の宝石」を探す冒険を始める様子を描く物語となっています。

【10位】捜救(Come Back Home)
公開日:2022年10月3日
監督:羅志良(ロー・チーリョン)
主演:甄子丹(ドニー・イェン)韓雪(ハン・シュエ)賈氷(ジャー・ビン)唐旭(タン・シュイ) 侯天来(ホウ・ティエンライ)

 中国を代表するカンフースター、甄子丹(ドニー・イェン)が主演とプロデューサーを務める『捜救(Come Back Home)』が10月3日に一般公開スタート。中国東北部の長白山で家族旅行を楽しむはずだった主人公の男性(ドニー・イェン)の8歳の息子が行方不明になり、地元当局に捜索を求めつつ、自らも息子の救助に身を投じる様子を描いています。これは極寒の長白山の原始林の中で120日間にわたって撮影が敢行された渾身作で、甄子丹がアクションによる演技を控えめにして、息子を助けるために捨て身の行動を取る父親役に挑戦していることで注目を集めています。(ミン・イヒョウ、謙)

ラジオ番組