全面対決の煽り立ても戦略的競争の吹聴も中米関係の正道から外れている=外交部

2022-09-23 20:32:38  CRI

 外交部の汪文斌報道官は23日の定例記者会見で記者からの質問に応じて、王毅国務委員兼外交部長がアジア・ソサエティのニューヨーク本部で行った講演について説明しました。

 汪報道官は、王国務委員の講演での発言内容について、「中米関係はこの数年、国交樹立以来の最低ラインをさまよっており、両国民と世界各国の未来に大きな変数をもたらしている。根本から言えば、問題は米国側の中国や世界、そして自国に対する認識にずれが生じていることだ。全面的な対抗を煽ることも、戦略的競争を吹聴することも、いずれにせよ中米関係の正しい道から外れている。習近平国家主席は中米両国の正しい付き合い方について、すでに明確な答えを出している。相互尊重、平和共存、協力ウィンウィンだ。この3原則は中米関係の半世紀余りの情勢を詳細に見つめたことで得られた重要な結論であり、今の時代の大国間の相互交流の正しい道でもある」などと強調したと説明しました。(非、鈴木)

ラジオ番組