「山東を歩く」外国の友人たちが山東省済寧鄒城市孟苑を訪れる

2022-07-29 15:56:31  CRI

 外国の友人が山東省を訪れる「山東を歩く」イベントに日本、韓国、イタリアなどの国々から参加した10人以上のインフルエンサーやメディアの記者が28日、済寧鄒城市の孟苑を訪れ、「孔子と孟子の郷・運河の都・文化豊かな済寧」の独特な魅力を肌で感じました。

 孟苑は、「亜聖」と言われる孟子の生誕地です。孟苑に入るとまず目に映るのは牌楼(パイロウ)で、中央の扁額には「浩然之気(天地の間に満ちている、この上なく大きくて強い気のこと)」という4つの大きな文字が刻まれています。孟子広場には、ひときわ目立つ孟子の立像が外国の友人たちの目を引きつけ、皆次々と記念撮影をしていました。

 

 外国の友人たちはその後、無形文化遺産に指定された「礼楽」のパフォーマンスを鑑賞し、活版印刷と紙や墨などの文房具の制作を体験するとともに、鄒城の切り紙、民間の刺繍など、多彩な伝統手工芸を見学しました。

 イタリア出身の記者マークさんは「とてもいい体験でした。最も印象的だったのは『平派鼓吹楽(無形文化遺産に指定された地元の音楽形式で、打楽器および吹奏楽器の演奏を主とした漢代の音楽)』と鄒城の一般市民の結婚式を再現した新劇で、とても興味深かった」と述べました。(Mou、坂下)

ラジオ番組