中国の海事仲裁の審理件数は世界トップクラス=中国国際貿易促進委員会

2022-06-16 22:16:32  CRI

 16日に開催された2022中国海事商事仲裁ハイレベル対話会で、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の関係者は中国海事仲裁委員会について「海事・海商紛争の解決の専門仲裁機関であり、設立から60年余りで、数千件もの様々な案件を審理・裁決しており、現在、世界トップクラスの海事仲裁機関となっている」と紹介しました。

 中国海事仲裁委員会は、国際仲裁事務に積極的に参与し、国際経済貿易の発展を共同で促進しています。現在、中国海事仲裁委員会が審理・裁決した案件数は世界トップクラスであり、そのうち海外関連の案件が50%以上を占め、仲裁の国際化の度合いは絶えず高まっています。

 中国国際貿易促進委員会の任鴻斌会長は、世界の経済貿易秩序の維持とガバナンスシステムの変革において、経済貿易仲裁はより重要な役割を果たしていくべきだと表明しました。

 仲裁による多元化的な紛争解決には、大きな柔軟性と利便性があります。仲裁は訴訟より手続きが簡素化され、裁決が迅速になり、紛争解決のコストを大幅に削減できる重要な解決手段だということです。(張、MN)

ラジオ番組