中日韓「バーチャルマラソン大会」を開催中

2022-05-22 16:20:26  CRI

 

 2022年は中韓の国交樹立30周年、そして中日の国交樹立50周年に当たります。3カ国間のコミュニケーションや交流、友情を増進し、協力とウィンウィンの未来を構築するために中日韓三国協力事務局が主催する「いつでもどこでも参加できるバーチャルマラソン大会」が進行中です。

 大会は5月13日から29日まで行われ、中国、日本、韓国からそれぞれ100人の選手が参加します。選手は大会期間中、それぞれの地元で好きな時間、好きな場所でマラソンをします。そしてスマートフォンの全地球測位システム(GPS)機能付きアプリを利用して、各自の成績や感想などを共有することができます。

 中日韓三国協力事務局は2011年に創設された政府間協力機関です。今回の大会を通じて、3カ国の友情を増進し、協力とウィンウィンを促進することを望んでいるとのことです(TONG、鈴木)

ラジオ番組