中国最大の液化天然ガスタンク ジャッキアップが完了

2022-05-18 15:41:28  CRI

 17日、中国最大の液化天然ガスタンクのジャッキアップ作業が山東省青島市で行われました。

 中国石油化工グループ(シノペック)の青島液化天然ガス受入ステーションに設置されたこの貯蔵タンクは、直径100.6メートル、高さ55メートルで、サッカー場1面分の面積と20階建てビルの高さに相当します。

 容量は27万立方メートルで、現在中国で容積が最大の液化天然ガス貯蔵タンクであり、最も短い期間で完成する予定のタンクでもあります。

 ジャッキアップ作業は、閉鎖空間と外界の圧力差の原理を利用し、ドーム構造を貯蔵タンクの底部から上部の所定位置までゆっくりと引き上げるというものです。これは、大型液化天然ガス貯蔵タンクの設置工事の中で最も難易度の高い工程の一つとされています。

 このタンクは2023年末に完成して稼働する予定です。これにより、青島液化天然ガス受入ステーションの年間ガス供給能力は165億立方メートルに達し、山東省、渤海沖、さらに華北・華東地域にクリーンエネルギーを持続的かつ安定的に供給できるようになる見込みです。

ラジオ番組