ファストフード店が夜市に注力、販売価格は比較的安価

2022-05-17 14:23:42  CRI

北京の夜市の露店

 気温が上がって暑くなり、ナイトタイムエコノミーが活発になってきています。北京市の一部のファストフードチェーンは夜のメニューに力を入れており、若い消費者の注目を集めるため、さまざまな夜市メニューや夜間セットを打ち出しています。

 多くのファストフードチェーンはこのほど相次いで夜市メニューを打ち出し、さまざまな味のフライドチキン、焼き鳥、イカ焼き、ミニハンバーガー、ドリンクなどの新メニューを販売しています。また、午後5時以降は店内の装飾やオンライン注文プラットフォームのテーマを「ナイトモード」に切り替え、夜市専用のライトを点灯して、夜市の雰囲気を演出するレストランもあります。

 ファストフードチェーンの夜のメニューは比較的安価で、セットメニューは20元(380円)以下、一部のメニューは単品で注文すれば10数元(約200~300円)で済みます。関連機関の調査データによりますと、中国国内の夜市での飲食消費は急速に増加しており、実体消費をけん引する新たな原動力となっています。(hj、藤井)

ラジオ番組