米国は中国の核心的利益にかかわる問題で火遊びしてはならない=外交部

2022-05-12 19:17:02  CRI

 外交部の趙立堅報道官は、12日の定例記者会見で、米国高官の中国関連発言について、「米国は、中国の核心的利益にかかわる問題で火遊びをするべきではない」と警告しました。

 報道によりますと、米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は11日、「間もなく開かれる米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議では、中国を含む議題が討議されるだろう」と述べ、「アジア太平洋地域から注意をそらしてはいけないと強く意識しており、ASEAN諸国への投資と接触の拡大を求めていく」と、米国の姿勢を示しました。

 これに対して趙報道官は、「米国は域外国として、地域の平和と安定を損ない、地域の団結と協力を破壊するのではなく、地域の平和発展のために積極的かつ建設的役割を果たべきだ」と述べたうえで、「米国は協力を装い、中国の核心的利益にかかわる問題で火遊びをするべきではない」と警告しました。(朱、MN)

ラジオ番組