会員登録

ITを活用してヘルスケア業界の監督を強化

2018-04-17 11:31:28     cri    

 国務院常務会議で、「『インターネットプラスヘルスケア』の発展促進に関する意見」がこのほど採択されました。国家衛生健康委員会の曾益新副主任は16日、北京で「イノベーション主導型発展と融合発展の戦略を堅持し、ヘルスケアとインターネットを深く融合させ、医療資源を適切に配備して、サービス体系の効率を上げていく。また、管理方法を改善し、リスクを確実に予防する」と述べました。

 16日に開かれた国務院報道弁公室の記者発表会で、曾副主任はこの『意見』の内容について「まず、『インターネットプラスヘルスケア』のサービス体系を整備する。医療、公共衛生、ホームドクター、薬の供給確保、医療保険の決済、医学教育や科学の普及、人工知能の応用などでインターネットとヘルスケアの融合を推進する。それから、『インターネットプラスヘルスケア』の体系を整備する。政策の制定、ヘルスケア情報の共有、基準の制定、病院の管理やサービスのレベルアップ、医療機関のインフラの運営能力アップなどを進める。そして、それらの管理や安全体制を強化していく」と説明しました。(殷、森)

関連ニュース
写真トピッ���ス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS