会員登録

2時間目 中日国交正常化の源流をたどる~西園寺一晃さんに聞く②

2017-11-07 16:04:47     cri    

 聞き手:王小燕

 前回に引き続いて、若き頃の約10年間を中国北京で過ごした西園寺一晃さんにお話を伺います。前回は1950年代末に、一晃さんの父親・西園寺公一氏が周恩来総理から「民間大使」として招聘された背景や、当時の世界情勢における中日関係などをめぐり、お話を伺いましたが、今回は一晃さんの北京での実体験を伺います。

 1958年1月、氷点下10度の北京駅に、西園寺さん家族は降り立ちます。一家4人の約10年間にわたる北京暮らしが、そこから始まりました。父親の意志で、一晃さん兄弟は中国人が通う学校の普通のクラスに転入しました。中国語が自由に使えるようになるまでに1年はかかりましたが、その間、学校は優秀な学生サポーターを付けて対応してくれました。「負けず嫌い」の一晃さんは意地を見せ、「数学や化学などではなく、中国語で書く作文の授業で、皆に劣らない点数を取りたい」と考え、それに向けての奮闘を始めます……。

 北京暮らしを振り返ると、一晃さんにとって忘れられないご夫婦がいるそうです。それは周恩来総理と鄧穎超夫人です。1958年半ば過ぎ、一家4人は招待を受け、周恩来総理と夫人が住む中南海・西花庁を訪れました。

 「西花庁は中国式の優雅な佇まいです。門衛がいて、応接間、執務室があって、後ろに宿舎があります。偉い人の住まいなので、きっと豪華な部屋だと思っていましたが、たいへん質素でした。ソファーカバーはきれいに洗ってありますが、継ぎを当てられていました。周総理を待っている間、にこにことお茶を持ってきてくれたおばさんがいました。さすがに周総理のところの『服務員さん』で、感じがとても良い方だなと思いました。しばらくしてから、周総理が現れましたが、洗いざらしの粗末な服を召していました。自己紹介を済ますと、今度はその『服務員さん』の肩を抱いて、紹介してくれました…」

 エピソードの数々が、まるで昨日のことのように鮮やかです。新中国の総理と身近に接して感じたことは、歴史の教科書では書かれない生き生きとしたものでした。

 ところで、西園寺さん一家が北京入りした1958年、中国は社会主義の国家建設運動が盛んに行われている最中でした。翌年の建国10周年に備えて、首都北京では「十大建築」の建設が急ピッチで進められていました。その中の一つであった人民大会堂も、市民を総動員した成果が実り、わずか10か月ほどで竣工しました。当時高校生だった一晃さんもなんと、同級生と一緒にレンガを運んでいたのでした。

 「当時の中国人は、やっと自分の国を取り戻したので、国家建設に燃えていました。今思えば急ぎ過ぎる部分もあったが、みなとても純粋でした。あの頃の中国は貧しかったけれど、精神は貧しくはありませんでした。今は大変豊かになったが故に、ごく一部の人ではありますが、精神が貧しくなったように思えます。しかし、中国は必ずや物質面と精神面の両面で豊かになれるだろうと信じています」

 若き頃に中国で過ごした10年を振り返り、「まったく悔いはない。学ぶことばかりでした。いまだに親交があるたくさんの友達ができたこと、これこそが最大の財産なのです」。

 今回もこのインタビューでしか聞けないエピソードが盛りだくさんです。

【プロフィール】

西園寺 一晃(さいおんじ かずてる)さん

1942年、西園寺公一氏の長男として東京都に生まれる。

1958年、一家で中国に移住し、10年間北京市で過ごす。

1967年、北京大学経済学部政治経済科卒業。同年、日本に帰国後、朝日新聞社に入社。同社調査研究室に勤務し、中日友好事業に長年携わる。

日本中国友好協会全国本部副理事長、参与、東京都日中友好協会副会長、工学院大学孔子学院学院長などを経て、現在は東京都日中友好協会顧問、東日本国際大学客員教授、北京大学客員教授、中国伝媒大学客員教授。

父の西園寺公一氏は参議院議員を務めた日本の政治家で、1958年に日中文化交流協会理事、アジア太平洋平和理事会副理事長に就任。中日国交正���化前の中日民間外交の先駆者であり、民間大使と呼ばれた。中国在住時(1958-1970年)には毛沢東主席、周恩来総理と親交を結んだ。

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS