会員登録

10月31日 火曜日

2017-10-31 18:18:32     cri    

 1時間目 中国のエンゲル係数30.1%に、奥田正彦さんのハンコ彫り「楓橋夜泊」

 担当:王小燕、斉鵬

 北京では秋が深まっています。木々の葉が色づき、少しずつ落ちています。写真は29日に放送局付近で撮影したいものです。

 今週の番組は前半は「斉鵬アナのなんでもランキング」、最新の中国のエンゲル係数について、国家統計局の内容と中国国内での受け止め方をご紹介します。国家統計局によりますと、2016年、中国のエンゲル係数は30.1%で、5年前の2012年に比べ2.9ポイントも下がりました。国連の定めた基準では、エンゲル係数が20%から30%の区間に入れば、「富裕国」と言われています。この基準でいきますと、中国は「富裕国」の一歩手前に来ているのか、ということが最近、話題になっています。はたしてどのような声が聞こえるのでしょうか。

 後半は2017年10月号の【いたずら爺さん奥田正彦さんのハンコ彫り】です。今月は名作中の名作、「楓橋夜泊」です。王小燕アナが寒山寺の詩碑の前で収録した中国各地方言バージョンの朗読もお聞きいただけます。

 2時間目 こころ洗われる故郷にようこそ~茨城県上海事務所所長・鴫原俊秀さんに聞く

 聞き手:王小燕

 今月の「日本の自治体職員在中国 加油!」は、中国では「黄門爺爺」として知られる水戸黄門縁の茨城県です。先週末、宣伝の展覧会に出展するため北京を訪れた、茨城県上海事務所の鴫原所長にお話を伺います。

 観光と言いますと、日本の民間研究所が発表した2017年版都道府県魅力ランキングでは、去年に続いて、茨城県は今年も最下位となってしまいました。

 果たしてリスナーの皆さんが茨城の魅力を感じ取ることができるのか。鴫原所長は今回の番組で、とりわけ、茨城の四季を飾る色彩豊かな花便りを通して、紹介に工夫を凝らしました。

 スタジオ収録には北京外国語大学、中国メディア大学の学生たちに見学に来てもらいました。中国の大学生からの質問にも鴫原所長が熱心に答えました。

 そして、鴫原所長から茨城県への暖かいお誘いのメッセージも預かっております。

 「わが故郷茨城は気候も温暖、自然も豊富、なんでも食べられる、のんびり、ゆったり日本のふるさと、自然を楽しむには一番の場所だと思います。ぜひ、心の洗濯に茨城に来てください。」


春の偕楽園。徳川斉昭公が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設。日本三名園の中で唯一無料開放


国営ひたち海浜公園・春の風物詩のネモフィラ


国営ひたち海浜公園・秋の風物詩のコキア


偕楽園・秋の風景

 写真提供は「���光いばらき」公式サイトから

 【プロフィール】

 鴫原 俊秀(しぎはら としひで )さん

 1961年、茨城県水戸市生まれ。1985年3月に日本大学経済学部卒業後、4月から茨城県県庁に入庁。企画部、総務部、商工労働部を経て、2014年に知事直轄国際科副参事。

 2015年4月から、日本公益財団法人茨城県国際交流協会上海代表処 首席代表(所長)に就任。

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS