会員登録

 敦煌研究院、子供の壁画20点を初公開

2015-06-17 17:04:35     cri    

 6月1日は国際子供の日です。この日にちなんで、敦煌研究院はSNSウィーチャット(微信)を通じて子供を題材にした敦煌の壁画20点を初めて公開し、古代の子供の生活を再現しています。

 この20点の壁画作品は、南北朝時代から宋・元の時代にかけて描かれたもので、新しい命の誕生や人々の子供の未来に対する期待、愛情を浴びて育つ子供の生活、遊んで過ごす子供時代、学問のために師事する様子、童子が仏を拝む様子などが描かれています。

 統計(概数)によりますと、敦煌の莫高窟には子供の壁画のある洞窟が183ヶ所あり、全体の洞窟数の約37%を占めているのに対して、楡林窟には子供の壁画のある洞窟は16ヶ所あり、全体(42ヶ所)の38%を占めています。

 敦煌研究院は「敦煌の石窟には多くの子供の絵があり、古代の子供の生活を表し���いるため、子供の生活史となっている」としています。(殷、小山)旅行・文化へ

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS