会員登録

米朝は踏み出すべき時に意義ある一歩を=外務省

2018-02-13 19:20:16     cri    

 朝鮮半島情勢に関する関係各国の最近の発言について、外務省の耿爽報道官は13日、北京での定例記者会見で、「朝鮮と米国が現在の機会を逃さず、誠意を示しながら歩み寄り、有意義な一歩を踏み出すべき時に思い切って踏み出すよう望んでいる」と述べました。

 先ごろ韓国統一省が、「韓国側の今後の取り組みの重点は、朝鮮と米国による対話を働きかけることである」と発言し、米国のペンス副大統領もまた、「まず韓国が朝鮮と接触し対話した後にこそ、米朝が接触し対話が行われる可能性がある」と述べているとの報道を受けて、耿報道官は「朝鮮半島問題の解決に関しては、対話と交渉を抜きに制裁や圧力を加えるのではなく、���裁による圧力を速やかに対話の原動力に変えていくことが大事だ」と述べました。

 さらに「朝韓両国が、冬季五輪をめぐる接触やコミュニケーションを行なっているこの得難い動きを保ち、さらにこれをスタート地点として、政治対話の扉を少しずつ開いていけるよう望んでいる」とした上で、「朝鮮半島問題のコアは朝鮮と米国の対立にある。朝鮮と韓国のインタラクティブなコミュニケーションが、速やかに朝鮮と米国のコミュニケーションに転換されるよう期待している」と述べました。(鵬、む)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS