会員登録

中国陸軍 "大"から"強"へとモデルチェンジ

2017-07-26 13:50:12     cri    

 8月1日は、中国人民解放軍設立90周年に当たります。中国共産党の指導下にある軍隊のうちの陸軍は、この90年間の発展を経て、数十の兵種をもつようになり、今は世界一流の陸軍を目指しています。

 一昨年の末、新しい陸軍指導機関が設置されました。今年、陸軍集団軍は従来の18個の集団軍を基礎に13個の集団軍に編成されました。

 これについて、陸軍参謀部編成企画局の趙子海副局長は、「軍隊改革の中で、部隊の戦闘能力と構造、システムの再編に力を入れてきた。量的規模型から質的効能型へ、平面作戦型から立体突撃型へ、区域防衛型���ら全域作戦型へとモデルチェンジの実現に努めている」と述べました。

 中国陸軍が進めているモデルチェンジの取り組みについて、世界の世論は、「これは中国の軍事現代化のために払っている最新の努力だ。こうした改革をへて、中国人民解放軍は実戦化した精鋭部隊に変身するに違いない」とみています。(朱)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS