会員登録

中国 南沙諸島・永暑礁の新空港での試験飛行に成功

2016-01-07 11:42:12     cri    

 中国政府の民間旅客機2機が1月6日、海口美蘭国際空港から離陸し、約2時間の飛行を経て、それぞれ10時21分と46分に南沙(英語名スプラトリー) 諸島・永暑(英語名ファイアリー・クロス)礁の新空港に無事着陸した。2機の旅客機は同日午後には海口へと戻り、試験飛行は成功した。新華社が伝えた。

 今回の試験飛行成功により、同空港が民間大型旅客機の安全運航を保障する能力を持つことが���明された。今後は島嶼への物資輸送、人的往来、医療・救護などに便利な交通手段を提供すると同時に、南中国海地区の海洋横断飛行に新たな代替空港と、よりリーズナブル・フレキシブルな航路の選択肢を提供することになる。同空港ではこれまでにも点検飛行が行われている。

南中国海の上空は、世界で最も頻繁に飛行機が飛び交う空域の一つ。永暑礁の新空港は南中国海の航空交通サービス能力を引き上げ、航空気象、航空情報、通信ナビゲーション・監視といったより全面的な航空交通情報を提供し、フライト追跡、捜索・救援を空と地上からサポートし、飛行の安全性と信頼性を高める。

新空港は南沙諸島・永暑礁に位置する、中国最南端の空港。

人民網日本語版」より

関連ニュース
写真トピックス
コメント