山西省運城塩湖に美しい塩の結晶「硝花」

2019-01-04 09:26  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901031619000511413348204

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901031619000516648247919

 山西省運城市の千年もの歴史を誇る塩湖では2日、気温の低下で湖面上に「硝花」が観測された。「硝花」は「硝松」とも呼ばれる。ここ数日、厳しい寒さが続いた運城塩湖の湖面上には、広範囲にわたり独特な形をした「硝花」の美しい情景が広がっている。「硝花」とは硫酸ナトリウムが塩のプレート上で結晶となる珍しい物理現象で、気温がマイナス5度を下回ると、硫酸マグネシウムはピンク色の塩水の中で結晶となり、様々な形の「硝花」になるという。中国新聞網が伝えた。「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍