中国第9回北極科学観測隊、北極圏に到達

2018-07-31 15:55  CRI

3

 中国第9回北極科学観測隊は北京時間30日午前6時、極地観測船「雪竜号」に乗り、北緯66度34分、西経169度10分より北極圏に入った。新華社が伝えた。

 観測隊員らは雪竜号のヘリポートで五星紅旗(中国の国旗)と観測隊旗を掲げ、「9北」「66度34分」などの人文字を作り、北極圏への進出を記念した。

 中国第9回北極科学観測隊は20日に雪竜号に乗り上海を出発し、2ヶ月余りの科学観測を開始した。

 観測隊のリーダーである朱建鋼氏によると、28日にベーリング海の公海で、水中グライダー「海翼号」の投入に成功した。中国が自主開発した水中グライダーがベーリング海で投入されるのはこれが初めてで、北極の科学観測に応用されるのも初だ。

 また、観測隊は途中、海洋気象、海洋水文、海洋環境放射性核種などの観測活動を実施し、大量の観測データを入手した。

 雪竜号は今後、計画に基づき北極圏の公海の予定海域で総合観測作業、北極基地総合作業などを実施し、中国極地事業化体系の建設を推進する。「人民網日本語版」2018年7月31日

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅