第7回中露蒙グルメ文化フェスティバルがウランチャブ市で開催

2018-07-19 10:05  CRI

图片默认标题_fororder_photo0719-1-1

 第7回中露蒙グルメ文化フェスティバル及び第2回ウランチャブ・グルメ文化フェスティバルが17日午前、内蒙古(内モンゴル)自治区ウランチャブ市で開幕した。同フェスの各イベントは7日間行われ、今月23日まで開催する予定。人民網が伝えた。

 同市は古くから、草原シルクロードや欧州とアジアのティーロードの重要拠点とされ、中国・モンゴル・ロシアの重要な貿易中枢都市の位置づけにあり、遊牧文明と農耕文明交流がここで融合され、独特な食文化が形成された。察哈爾(チャハル)省のモンゴル料理にはモンゴルの宮廷文化が色濃く残っており、手把肉(手で持って食べる羊の肉)、全羊席(羊の丸焼き)、シュウマイ、羊雑碎(羊のモツの煮物)などの伝統的な民族料理が消費者の人気を集めた。

 今回のフェスではイベントが充実しており、期間中、「五彩宴席」というウランチャブの様々な料理の展示や、中国・モンゴル・ロシアの調理師たちによる料理チャレンジバトル、千人ミルクティー作り大会、千人蓧面(燕麦で作った麺)打ち大会などのイベントが開催される。人民網日本語版」より

图片默认标题_fororder_photo0719-1-2

图片默认标题_fororder_photo0719-1-3

图片默认标题_fororder_photo0719-1-4

图片默认标题_fororder_photo0719-1-6

图片默认标题_fororder_photo0719-1-5

图片默认标题_fororder_photo0719-1-7

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥