会員登録

夏の歌手〜セミ〜

2017-07-07 16:01:33     cri    


 七月、真夏の北京は色とりどりの花や青々とした草が生い茂ります。セミや蛙などの夏の歌手の爽やかな歌声は人々に暑さを忘れさせ、夏の涼しさを感じさせます。今回の中国メロディーはそんな夏の歌手・セミとその音楽をお送りしましょう。

命を燃やす歌手

 夏の早朝、セミは枝を登り、素晴らしいのどを披露して、新しい一日の始まりを告げます。セミの卵は数年間にわたって地下で成長し、大きくなった後、さなぎから抜け出て木の梢に登り、声高らかに歌い始めます。フランスの博物学者・ファーブル は「4年間にわたる闇での苦労を経た後、ようやく太陽の光の下で一か月を楽しむのがセミの生涯だ」と言いました。数年間、うちに篭った夏のセミは、一か月の生命と引き換えに最も明るく、最も情熱あふれる歌手となり、懸命に命を燃やして歌を歌います。

夏の夜の思い出

 多くの北京っ子にとって、セミの鳴き声は夏に欠かせない楽しみです。セミの鳴き声を聞くと、子供時代の楽しい思い出がよみがえります。当時、子供たちはいつもそれぞれ懐中電灯を持って、木の下でセミの幼虫を探しました。日が暮れると、賑やかな鳴き声ともに家に戻ります。夏の夜はセミの鳴き声が伴ってこそ、すやすや眠ることができました。セミの鳴き声は夏の美しい思い出の1ページに刻まれています。

セミの大合唱

 真夏の夜、夜空に浮かぶ月が静かな村や野原を照らす中、一匹のセミが鳴き始めると、ほかのセミたちも相次いで声を上げ、たちまちセミの大合唱になります。さらに蛙やスズムシの鳴き声などの独唱も加わり、賑やかな協奏曲を奏でます。そんな協奏曲は、色彩豊かで生気あふれる様子を感じさせます。

 高らかなソプラノはまるで���年の婦人がいたずらした子供を叱っているよう、優しいアルトはまるで若い女性が優しく歌っているようです。また、重厚なバスはお爺さんがパイプをくわえて咳をしているようで、バリトンのような声は酔っている大男が陽気にほらを吹いているように聞こえます。この時、私も一匹のセミになりたくて、この生命の息吹にあふれる大合唱に参加したいと思ったほどです。

 番組の中でお送りした曲

 1曲目 秋蝉(秋のセミ)

 歌词:

 花が落ちて

 紅葉が赤くなる

 雁が南へ飛んで行き

 私の薄い服で残りの冬を過ごせるのだろうか

 春が過ぎ去って 夏も過ぎ去り

 秋が深まっている

 2曲目〜 童年(幼い頃)

 歌詞:

 池のそばのガジュマルの木の上で 蝉が夏を呼んでいる

 草むらのブランコには 蝶々だけがとまっている

 黒板は先生のチョークがコツコツ ギーギーと音を立てる

 休み時間や放課後が待ち遠しくて 遊びに夢中だった幼い頃

 3曲目 蝉之歌(セミの歌)

 歌詞:

 この歌は中国西南部貴州省トン族の「トン族大歌」の名曲です。トン族大歌はトン族の伝統的な合唱形式で、調和した高音、中音、低音が、美しいハーモニーを響かせます。トン族の人々はセミの鳴き声を真似て生活の喜びを表しています。

 歌詞:

 静かに聞いてほしい 私が蝉の歌を歌いあげる

 三月にセミが歌い始め

 九月のセミが自分の命が長くないことを心配する

 みんなセミの歌が好きだと言ったが

 セミのようないい声を持っていない

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS