No.157 冬季オリンピック会場の愛称を覚えよう(上)

2022-02-15 14:37  CRI

00:00:00
00:00:00

 

氷上競技会場

No.157 冬季オリンピック会場の愛称を覚えよう(上)

 冰立方(bīng lìfāng) 

アイスキューブ(国家水泳センター)

 ここの正式名称は国家水泳センター、元々の愛称は「水立方(ウォーターキューブ)」といい、2008年8月に開催された北京オリンピックでは水泳、飛込、シンクロナイズドスイミングの会場でした。今回の冬季オリンピックではカーリングの会場として、ウォーターキューブから 「氷立方(アイスキューブ)」 に変身しました。

 今回のオリンピックが終わったあとは多目的会場となり、シーズンに合わせて夏季と冬季それぞれのスポーツに対応します。世界初の、水上と氷上を切り替えられる会場となっています。

No.157 冬季オリンピック会場の愛称を覚えよう(上)

冰之帆(bīng zhī fān) 

氷の帆(国家体育館)

 氷の帆、船の帆という意味です。この「冰之帆」という愛称は世界を対象とする公募を通して、昨年8月に決定しました。オリンピックタワーから見ると、大きな帆船のように見えるというのがその理由です。

 「氷立方」と同じく、2008年の北京オリンピックのレガシー会場で、当時は新体操、トランポリン、ハンドボールの会場になりました。今大会では、五棵松体育館とともにアイスホッケー会場となっています。

No.157 冬季オリンピック会場の愛称を覚えよう(上)

冰菱花(bīng línghuā) 

氷の花(五棵松体育館)

 氷の花という意味。雪の結晶のことです。舞い散る雪の結晶に包まれる体育館という外観からつけられた愛称です。

 2008年の北京オリンピックでは、バスケットボールのトーナメント会場でした。今大会では「冰之帆」こと国家体育館と共に、アイスホッケーのメイン会場として使われます。

No.157 冬季オリンピック会場の愛称を覚えよう(上)

冰丝带(bīng sīdài)

アイスリボン(国家スピードスケート館)

 「丝带」とはシルクのリボンで、「冰丝带」でアイスリボンとなります。

 「冰丝带」は、2008年の北京オリンピックでフィールドホッケー競技に使われたオリンピック・グリーン・ホッケー・フィールドと、アーチェリー競技に使われたオリンピック・グリーン・アーチェリー・フィールドの跡地に建設された、新しい建物です。国家スピードスケート館という正式名称の通り、スピードスケート競技の会場です。広大な北京オリンピック公園において、冬季オリンピック向けに新設された唯一の会場です。

 建物の外周を走る光のラインはまさにリボンのよう。そのユニークなデザインで、北京冬季オリンピックのランドマークになっています。

 

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
谢东