香港地区初の小児科専門病院が今年第4四半期に一部開業

2018-06-29 10:27  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201806291003000427712670426

香港児童医院臨床サービスビルの小児パーク(6月27日、撮影・秦晴)。

 香港地区初の小児科専門病院である香港児童医院は27日に記者会見を開き、今年の第4四半期に部分的に開業となり、小児腫瘍科と小児腎臓専門科を先にオープンさせることを発表した。同医院は九龍・啓徳発展区に位置しており、2013年に建設が開始され、2017年末に竣工した。総建築面積は16万5千平方メートルに達しており、2棟の11階建てのビルを含めて、入院・診療用のベッド468床を提供できるという。新華網が伝えた。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201806291003000420146406044

病院のPRを行う香港児童医院の専門医たち(6月27日、撮影・秦晴)。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201806291003000423701389838

病院内にある可動式床の療養プールについて説明する香港児童医院のスタッフ(6月27日、撮影・秦晴)。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201806291003000420853778806

香港児童医院の一角(6月27日、撮影・秦晴)。

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅