中国大陸初の子宮頸がんワクチンの接種が海南省でスタート

2018-06-01 09:48  CRI

图片默认标题_fororder_photo3-1

 中国大陸部で初となる子宮頸がんワクチン(9価HPVワクチン)の接種が30日、海南省博鰲スーパー病院のユナイテッド・ファミリー医療センターで始まった。北京市出身の史佳雨さんが1人目のワクチン接種者となった。「人民網日本語版」より

图片默认标题_fororder_photo3-2

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥