中国国際放送局紹介 日本語部紹介
ホーム ニュース 経済 旅行 文化 エンタメ 社会 北京五輪 中日交流 中国語の勉強 掲示板 ネットラジオ china ABC
中国、人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの臨床研究を終了
   2006-08-31 16:40:55    cri

 中国科興生物製品会社と中国疾病予防コントロールセンターが共同開発した人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの第一期臨床研究が終わりました。この研究の結果によりますと、このワクチンは人体に安全で効果的であることが分かりました。現在、関係者は、第二期プロジェクトの実施を申請しています。

 人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの第一期臨床研究に、120人のボランティアが参加しました。これまでの実験は、ボランティアに実験の内容を説明した上で、倫理審査などの国際基準によって行われました。科興生物製品会社の尹衛東社長は、次のように述べました、「ワクチンの投与量を4つに分け、4つのグループに分けた120人のボランティアに投与した。いずれも、深刻な問題は起こらなかった。この結果は、中国が開発した人間用鳥インフルエンザ・ワクチンが人間にとって安全であることを示している」尹衛東社長は、このように語りました。

 2003年から、ベトナム、タイなどの国で、人間が高病原性鳥インフルエンザに感染されたケースが頻繁に起きました。医学専門家は、鳥インフルエンザのウィルスが、世界規模で人間のインフルエンザを引き起こすのではないかと心配していました。このため、WHO・世界保健機関の調整と組織の下で、中国、アメリカなどの国は、人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの開発に取り組み始めました。2004年3月、科興生物製品会社と中国疾病予防コントロールセンターは、「人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの開発」というプロジェクトをスタートさせ、2005年11月、第一期臨床研究の段階に入りました。

 尹衛東社長は、「今回開発したワクチンは、H5N1型鳥インフルエンザに対応する、世界で4本目のワクチンで、中国のこのワクチンの研究は世界とほぼ同じ水準にある」と述べました。

 尹衛東社長は、「このワクチンの開発は、主に先進国の大手多国籍企業で行われているが、現在、ほぼ臨床研究の段階にある」と述べました。

 伝えられるところによりますと、中国科興生物製品会社は現在、第二期臨床研究の申請作業を準備しており、近いうちに中国食品薬品監督管理局に申請を提出するということです。第二期臨床研究の主な目的は、年齢、人数などの面からボランティアの範囲を拡大し、ワクチンの安全性と免疫効果を一層検証することにあります。

 研究活動が順調に行われることを保証するため、中国科興会社はまた、既存のインフルエンザワクチンの生産工場を人間用鳥インフルエンザ・ワクチンの生産工場に改造し、その生産能力を現在の年間生産量800万本から2000万本に向上させることを決めました。この改造工事は2007年に完了する予定です。

鳥インフルエンザ
v 衛生省、鳥インフルエンザ「初の人感染」発表遅れ説明 2006-08-10 14:27:25
v 中国、鳥インフルエンザへの監視を強化 2006-08-08 21:46:11
v 中国、2003年の鳥インフルエンザ感染例を確認 2006-08-08 15:47:41
v 深セン初の鳥インフルエンザ患者が退院 2006-08-03 15:36:04
v 専門家、山西省での鳥インフル抑制を指導 2006-06-23 14:37:19
v 中国、3種の新型鳥インフルエンザワクチンの研究に成功 2006-06-14 20:34:51
  • 今日のトップニュース
  • 今日の国内ニュース
  • 今日の国際ニュース

  • • 基礎中国語
     皆さんは、ここで中国語と日本語に耳を傾け、フラッシュによる動画を楽しみながら、中国の風習や伝統文化を思う存分味わうことができます……

    • 「北京ワクワク」の購入について
     中国語講座「北京ワクワク」(上巻と下巻)のテキストは、日本の皆さんが初めて中国語会話を学習するための入門編です……
    |  link  |  E-メール  |