中国国際放送局紹介 日本語部紹介
ホーム ニュース 経済 旅行 文化 エンタメ 社会 北京五輪 中日交流 中国語の勉強 掲示板 ネットラジオ china ABC
携帯が専属通訳人に変身
   2008-08-13 17:09:43    cri

 

 人と人とのコミュニケーションは、私たちの生活の中で大変重要な役割を果たしています。その一方で、言語の違いは自由にコミュニケーションする上で

 障害となっています。経済のグローバル化、五輪開催といった国際的な活動では、言語の壁を乗り越えた新しいコミュニケーションを可能にする技術に大きな期待が寄せられています。

 こうした中、日本の代表的な情報通信研究機関である独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が開発した「携帯電話音声翻訳サービス」の実験が、8月7日から12日まで北京市内で行われました。

 この「携帯電話音声翻訳サービス」はNICTが20数年前に開発を始めたものです。携帯電話に音声翻訳ソフトを予めダウンロードしておけば、キー操作によりある言語から別の言語に音声翻訳されるというものです。現在、英語と日本語、中国語の3言語による音声翻訳サービスが、日本の一部の携帯で実証実験されています。

 北京での実験では、インターネットを通じて携帯電話と日本国内のサーバーにつなぎ、日本語と中国語を自動的に通訳するものです。携帯に日本語を吹き込むと、数秒後に中国語に翻訳された音声が送り返される仕組みです。このほか、ビジネス手帳大の小型パソコンを使った「音声翻訳専用機」での実験も行っています。従来は大型サーバーを用いていたものを、手のひらに載る小型化を実現したものです。

 実験に参加したモニターのアンケート結果によれば、音声翻訳技術への期待は大きく、自動音声翻訳機を早く実用化して欲しいという声が多かったほか、携帯電話でも音声翻訳が実現されたことに、技術がここまで進歩していると驚きの声が聞かれました。NICTは今後、地名やレストラン、品物の名前などをより多く盛り込むほか、ソフトの改良を進めながら、より使いやすいシステムを開発していくとしています。また、東南アジアの17言語を対象にしたシステムの開発も進めていくということです。

 この開発は、関西にあるNICTのけいはんな研究所が、いつでも、どこでも、

 だれでも、何でも、どんな方法でも自由にコミュニケーションができる環境の整備に向けたMASTARプログラムの一環として進められています。(文:王秀閣)

  • 今日のトップニュース
  • 今日の国内ニュース
  • 今日の国際ニュース

  • • 基礎中国語
     皆さんは、ここで中国語と日本語に耳を傾け、フラッシュによる動画を楽しみながら、中国の風習や伝統文化を思う存分味わうことができます……

    • 「北京ワクワク」の購入について
     中国語講座「北京ワクワク」(上巻と下巻)のテキストは、日本の皆さんが初めて中国語会話を学習するための入門編です……
    |  link  |  E-メール  |